歯を抜かない矯正治療


成人の矯正治療では小臼歯という犬歯の1、2本奥の健康な歯を抜いて(間引きして)そのスペースを利用して歯を動かしたり、並べるという方法が一般的ではないかと思いますが、

当院では親知らず以外の歯を抜いて矯正治療することはありません。(親知らずを残してその手前の歯を抜歯することはあります。)

 

なぜなら通常の歯科治療を日々おこなっている立場として、小臼歯の大切さをいつも実感しているからです。

 

全ての症例で小臼歯を抜かずに矯正治療ができる訳ではありませんので、症例によっては他の矯正歯科医院をご紹介させていただくこともございます。


 

成人になると顎自体はほとんど拡がることはないので、子どもの時と同じような治療法で進めていくことはできません。

 

顎が小さいのに歯のサイズは大きく、その上、親知らずまで生えて来ようとするため、そのしわ寄せで前歯がガタガタになっているような歯並びの方が多いです。また口呼吸や嚥下の問題により、舌や頬など口腔の筋肉のバランスが悪いため、歯が前方や内側に大きく傾いていることもあります。

 

親知らずの抜歯などによって奥歯の混雑を解消し、前方にスペースを作って前歯を整列させていきます。歯の傾きも1本1本整えていきます。期間はおよそ1年から1年半ほどで終了しますが、しばらくの間は保定が必要となります。


歯並びが悪いと日々のセルフケアが難しくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

かみ合わせが悪いと一部の歯に過剰な負担が生じて破折などのリスクが高まり、それが歯の欠損に繋がっていきます。また顎関節や口腔周囲の筋肉にも悪い影響を与えることが多く、顎関節症、頭痛・肩こりなどの原因になることもあります。

 

歯の矯正治療は治療中の不快感や費用などデメリットもありますが、歯やお口の中の健康をずっと維持していきたいと考えていらっしゃる方には大きな価値のあることです。

 

治療法や費用、期間などは歯科医院によって異なりますので、矯正治療に関してお悩みの方は複数の歯科医院などでお話を聞かれてみること(セカンドオピニオン)をおすすめします。